退職届けの書き方
たったの27歳でアフィリエイトで成功し夢の沖縄移住を果たし、セミリタイアしたこの人を紹介します。

退職届け提出後の確定申告

退職届け提出後の確定申告

退職届けの書き方 退職転職支援サイト」へお越し頂きありがとうございます。

退職届けを提出し年末までに再就職しなかった方は、今まで会社がやってくれてた年末調整にあたる確定申告を自分でしなければなりません。もちろん、お金を払って税理士に頼むことも出来ますが、確定申告の申告書の書き方は、そこまで難しいことではないので、先のことも考えて自分でやることをオススメします。これもひとつの退職届けの書き方です。

おそらく退職届けを出したほとんどの方は、税金を納めすぎていると思われますので、確定申告することで、納めすぎた税金が戻ってきます。

退職金をもらわれている方もいらっしゃると思いますが、退職金については分離課税です。退職届けを書いて、実際に退職するまでの間に、勤務先に「退職所得の受給に関する申告書」を出していれば、確定申告はしなくて大丈夫です。

「退職届けの書き方 退職転職支援サイト」にお越しいただいている方は、まだ退職届けを出す前の方が多いと思います。退職金がもらえる方は、退職する前に、勤務先に「退職所得の受給に関する申告書」を出すのを忘れないようにしてくださいね。

後日、確定申告書の書き方の流れをupしたいと思っています。それまでに、源泉徴収票、社会保険料の領収証、生命保険や損害保険料の控除証明書、医療費の領収書などを確認しておいてくださいね。

退職届けの書き方 退職転職支援サイト」を最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30459547
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。